釣果情報

月別アーカイブ: 2021年9月

豊後水道 ジギング船 タイラバ船 

DSC_3926.JPG DSC_3929.JPG DSC_3928.JPG

闘病記4

9月28日

徐々に回復してくるものですね。
ご飯はとても美味しくて、毎日3回出してもらえるご飯の為に生きているようなものです。ご飯は偉大!
ただ、少ない……身体の調子が悪かった時は充分だったのですが、特に夕飯を頂いてから次の日の朝食までが長すぎる〜見るとプレートに名前、献立と共に6グラム、1800キロカロリーの文字が。
これどういうことか聞いてみたら、1日3食分の塩分量とカロリーでした。
そりゃ少ないよね!!
という事で、足りなきゃ買ってコイ(そんな言い方しませんヨ!)て事で、あ、買って来ていーんだ、と病院内のセブンイレブンにまたまた連れてってもらっていろいろ買って来ました。
買って来て見たら、見事に甘い物ばっかし!あれ、こんなの選んだかな …?そして見事に小麦粉製品ばっかし!!
これには改めて驚きました。改めて考えてみれば、こういう加工食品の原料に使われる素材と言ったら小麦粉、トウモロコシ、ジャガイモ、カカオ、果物、サツマイモ?そして、ん、コメ?
そう、言いたいのは米粉製品が余りにも無いのです。
トーゼンやないか!と言われそうですが、せめて日本においてのみであるにせよ、せめて米粉製品が10%?20%?くらいは有ってもいいんじゃないか。勿論、せんべいや米菓子のジャンルは有りますが、そういうんじゃなく、クッキー、ビスケット、ケーキのような西洋菓子の素材として米、或いは米粉を使う。それも現在すこーし使われているようですが、そんなキワモノ扱いじゃなく、普通に米粉をその材料として使うようになれば、今の様な減反政策と言った、何でこんなバカなことするの?とおもわれる政策もやらなくていいだろうし、米の値段も下るはずと思うのです。米の消費が落ちてるなら、新たに需要を作り出せはイイジャナイ。
これからの、2021年、2022年以降の課題なんだろうと思いました。
我々は今、戦後政策の真っ只中にいて、戦後76年が経過したのですが、実はまだその戦後の政策にドップリ浸かっている訳ですね。
つまりはその利権社会の中で生きている。貪る者は貪り、貪られる者は貪られる。そういう中で生きている。
勿論、戦後世代として我々はマッコト多大な恩恵を受けて生きてきました(手軽に船釣りなんかもいっぱいできたしネ!そして僕なんかが遊漁船の船長なんてこと出来たワケだし!)。だけどやはり戦後体制はもう終盤に差し掛かっていて、次の新時代の幕開けがすぐそこまで迫っている、と自然に感じるような時に入って来ているのだと思うのです。
まぁ、買って来たお菓子見て何考えてんの!?て感じですが、まぁまぁ。
早速食べて見ましたが、お腹も空いてるし術後始めてのお菓子だし、これもわくわく(≧▽≦)。
コーヒーも今度は薄く入れました。
一口食べて見たら…舌がシビレルほどあんめ〜༼;´༎ຶ ۝ ༎ຶ༽ナニヨリ油っこい〜༎ຶ‿༎ຶ.·´¯`(>▂<)´¯`·.。:゚(;´∩`;)゚:。
こりゃとてもじゃないが食えません。やはり我々の舌は、小麦粉、砂糖、油(植物油)に慣らされてしまっていたのですね。そりゃそれでいいんだけど。
とにかく腹は減ってるので、ビスケット何枚かと、エビセン(これは何とか食べられました。たいがい油っこいんだけど)を少しコーヒーで流し込んでシノギました。(コーヒー、薄く入れたんだけどまだニガイ。よく今までこんなの飲んでたな)
それでお腹の方はしのいで、夕食まで何とか保つでしょう。
身体の方は、やはり徐々にですが回復している事を感じます。人体(の復元力)はスゴいもんだなぁと日々感じております。
今は勿論海になんか出られるワケないんだけど、健康だった時、ほぼ毎日皆さんと海に出て大魚を追ったあの日々が懐かしい。と言ってもまだ2周間くらいのもんですね。考えてみたら。
でも凄く長い時間が経過したような気がするのです。
今は身体を復元させる事しかありませんが、早く回復して皆さんと海に出たい、それだけを考えて、見知らぬ天井と向き合いながらお菓子食べて過しております。……エヴァ好っきやねェ〜〜〜!知らない天井、て言いたいだけだったりして?実はまだシンエヴァは見てないけど、ビデオ屋さんに旧作で並んだら見ようかなと思ってるけど。あ〜まだまだ先の事になりそう…

大分県 釣り船 タイラバ ジギング

DSC_3923.JPG DSC_3925.JPG CENTER_0001_BURST20210926171917611_COVER.JPG

闘病記3

9月26日

病状にも寄ると思いますが、簡単な果物やウメボシ、海苔なんかだったら持って来てもらっていいよ、と言われたのでちょっと持って来てもらいました。
果物の中で、リンゴというのは身体が弱ってる時は特に身体に優しいのかも知れません。
この中では美味しい、身体に良さそうと感じた順は、リンゴ、ナシ、巨峰の順。弱ってる時は断然リンゴ。病人食なんでしょうね。
子供の頃、ナシを出してもらうとご馳走感があり、やった〜と喜んだものですが…やはりナシはどちらかと言えば贅沢品みたいなもんでしょうか。
健康な時にあんなに美味しかった巨峰は、今の僕には甘過ぎといいますか、やはりリンゴに軍配が上がります。リンゴサイコー!!
コーヒーも飲んでいいよ、と言われたので、時間潰しがてら病院内のセブンイレブンに看護士さんに車椅子で連れてってもらい、小さいいいのが無かったので70グラムのインスタントコーヒーを買って早速作って飲んで見ました。術後初のコーヒー、ドキドキワクワク。そしたら、うげぇぇぇ〜〜〜っっ、まじー!にげー!!(ᗒᗩᗕ)とてもじゃないが、飲めたもんじゃありません。あんなに好きだったコーヒー…マジノメネー!こういう時はムリして飲むもんじゃありませんね。勿体無いけど今回のは廃棄。身体もうちょっと良くなったら飲ませてネ。
最後にウメボシ。実はウメボシは僕が大学生くらいまでは、僕が絶対に食べられない3大食品の横綱挌だったのです。
それが食べられる様になったのは、成人してからじゃないかな、名古屋に居た時に、当時確か大学生、ヒドイ風邪をひいて何も食べられない。唯一おもゆは何とかと言った時、当時お婆さんがつけてたウメボシを何を思ったかおもゆと一緒に食べてみたのです。そしたらオイシ〜〜〜
ナニ、ウメボシてこんなに美味しかったん!?この美味しさを知らなかった事を怨みました。そして風邪もスグに治ってしまった。
で、健康になってからの事ですが、絶対に食べれなかったウメボシを好きになったんだ、もう食えない物はナイ!と意気揚々とウメボシに手を掛けた、所、なんじゃ〜こりゃ〜〜〜!とてもじゃ無いが食べれない〜〜!!スッペーー!!塩カレーーー!!!
何であの時あんなに美味しく感じたのか?ウメボシとは不思議な食べ物ですね。身体弱ってる時はあんなに美味しいのに健康になったら不味くて食えない。僕だけかも知れませんが。しかも世界広しと言えど、日本にしか無い(多分)。
でも今は市販のウメボシ、ハチミツが入ってたり味付け工夫したりで食べやすくなってるのかな。今回妻に買ってきてもらったのは充分美味しく食べれます。あまりたくさん食べると良くなさそうなので1日に1個くらい。(額面通りなら塩分1個1グラム)でも、今はあの時のあのお婆さんのウメボシが有ったら…

 

という訳で近況報告でした。

昨日は午前中はまだ調子が良くて元気だったけど、セブンに連れてってもらって病室に帰ってきたあたりから微熱が出て、ジンマシンが出てしまいました。やっと良くなったのでブログ書いてますが、やはり油断大敵ですね。

台風がまた近づいているみたい。皆様、お気を付け下さい。

大分県 遊漁船 ジギング タイラバ

CENTER_0001_BURST20210924163157753_COVER.JPG

闘病記2

9月25日

鏡で見るとゲッソリ痩せて、ミイラか!?というくらいだったので、ちょっと日を置いて昨日抜糸が終わって手術後初めてシャワーしてヒゲ剃ったので自撮り、病院生活経過報告という事で。それでも鏡の中のワタクシは余りにキモチ悪く痩せていまっていて、やめようかなとも思ったけどまあいっか!と。 そしたら、あれ、健康そう!?写真じゃエラいスッキリしてるように見える。自撮りでわざとキリッとするからかいな。 これじゃ仮病か!?と言われそうですが、撮り直す気力もないのでこのままで。実際は3キロ痩せて、けっこうげっそりと。そして実際は歩く時はまだヨチヨチで、ベッド上で身体動かしたり寝返り打ったりとかもままならない。落ちた物も拾えない状況でまだ現在はあります。 今日先生から今回の手術についていろいろお聞きしました。相当の大手術だったよう。どうでしょう、復帰は…まあ、回復次第としか言えませんかね… でも心配していたよりは早く?出られそう?いずれにせよ出来るだけ早い回復に努めます。 そうそう、実際の所をお伝えする為には手術で切った傷口をお見せするのが一番かと思い、一応写真撮ったんですが、自分で見てもあんまし気持ちいいもんでもないしね.…。あんた毎日お魚さんにやっとる事やないか!と言われるかも知れませんが、うーん、もうちょっとキレイくなってからに。家族には見せてますが、あなた達がもしこういう症状に陥ったら、という時の為に、ある意味ビックリ、ある意味安心(状況を知っておけば次の速い対処ができるからね〜)という状態でしょうかね。 それにしても医学の(特に外科医療)の発達は素晴らしいもんですね。内科も追いついて欲しいーわー ♡(> ਊ <)♡黑シャツの下は、、、けっこうバックシイッテマス。縫ってあるけどね。

大分県 釣り船 タイラバ ジギング

DSC_3915.JPG

闘病記1-1

緊急告知です。

と言う訳で(何がどーいうわけかわかりませんが)
実は去る16日にちょっと大病を患いまして、大分大学病院に緊急搬送され、緊急手術、8時間?6時間?の大手術を受けまして、何とか生還した所です。
手術のことはよくわかりませんが(寝てたから)、後で妻に聞いた所によると生死の間を彷徨ったそうで…
自分は健康だとばかり思ってたので今回の事は正に青天の霹靂…
病名は心臓動脈解離?剥離?
要は心臓からの一番大きな血管が破れてしまったんだとか。
たくさん方々に命を救って頂きました。
あれから手術から一週間くらい経ってようやく告知もできるようになったので(ちょっとまずここまで。やっぱまだちょっと長いのキツイ)

ジギング船 タイラバ船 豊後水道

DSC_3918.JPG

闘病記1-2(続き)
たくさんの方々に命を救って頂きました。
また予約して下さっていた方々やこれから行こうと思ったのに〜という方々には大変ご迷惑をお掛けしました。申し訳ありません。
麻酔が覚め目を開いた時は、見たことのない天井でありました。シンジくんもこういう気分だったのでしょう。
でも目が開いた時は、ここは霊界かいな〜と思って、夢見心地だったのを、だんだんあぁまだ生きてんのかなぁという感じでした。皆さんに頂いた命と思って、大切にして益々皆さんにご恩返しができるようにしないとな、と思いました。
手術から約一週間。ようやく1人で歩けるようになりましたし、トイレも1人で行ってます。ご飯も美味しくなって来て、特に何が美味しいかと言ったらこれがお粥。お米の底力を感じました。
回復も早いと言って頂いているので、再開まで申し訳ありませんが、もう少しお待ち下さい。
来週の火曜日には、別府の方に転院(退院ぢゃないヨ、まだ)するようです。
また経過報告等、このホームページ上でして行こうと思っております。
季節の変わり目です。私の様に血管系の病気も増えてくるらしい。特に今年の天気はどうもヘンな天気多く、どうか皆様もご自愛下さい。

以上、差し当っての告知でした。

大分県 遊漁船 ジギング タイラバ

HORIZON_0001_BURST20210915101827970_COVER.JPG TRIPART_0001_BURST20210915124257886_COVER.JPG DSC_3910.JPG

9月15日(ちょっと前の事になりますが)の釣果情報です。
本日はジギング、タイラバで出船。
予報とは違い、海上は大きなウネリ。今日は別府湾内で勝負することに。
これが良かったか
SLJに凄いアタリ!
これがナント、87センチの大マダイ〜!!
そしてその後も同型をキャッチ〜!!
別府湾の底力〜〜〜
その後もヤズ、ハマチをキャッチでお土産は確保。
お見事でした〜

今日はお疲れ様でした。

ジギング船 タイラバ船 豊後水道

HORIZON_0001_BURST20210913140056915_COVER.JPG TRIPART_0001_BURST20210913075823209_COVER.JPG

9月13日の釣果情報です。
本日はジギング、タイラバで出船。
朝の一発、潮は緩いけどサワラ90センチがヒット!これはお見事でした〜
そして潮が走って来てからアオモノ地獄巡り開幕。
80センチブリ以下、モウチョットデブリが連発でイケスもクーラーも満杯に。クーラー入り切らない分はリリースで。
今日もスゴい引きで楽しませてくれました。アオモノ君達、ありがとうm(_ _)m

大分県 遊漁船 ジギング タイラバ

DSC_3898.JPG DSC_3905.JPG DSC_3902.JPG

今日は潮回りも良く、アオモノ中心に良く食いました。
モウチョットデブリ、サワラ、タチウオ、ホゴ、フーグー君で既にクーラー満杯に〜
マダイのアタリも有りましたが、残念ながらフックアウト。下げ潮がもうちょっと早く来てくれたらねー。でもまあ今回の心残りは次回また晴らしましょう。
それにしても、今日もジギング針を伸ばして逃げて行ったモンスタちゃんが…これも悔しかったですねぇ。ちょっと浮いたのにねぇ。針さえ伸びなかったらねぇ。多分、クエ君?次はちゃんと上がってね。

今日はお疲れ様でした。

大分県 釣り船 ジギング タイラバ

DSC_3890.JPG 1631578544564~2.jpg 1631578536976~2.jpg

9月12日の釣果情報です。
本日はジギング、タイラバで出船。
今日は潮も丁度良く、朝からイイ感じで魚もヒットしてくれました。
モウチョットデブリの連続ヒットからの〜〜〜ブリ90センチ!!
これは良く引いた〜
そして相変わらず凄まじく引いてくれるモウチョットデブリ。見事にキャッチ!
そしてマダイもキャッチでクーラー満杯でした〜

ジギング船 タイラバ船 豊後水道

DSC_3870.JPG DSC_3856.JPG DSC_3866.JPG HORIZON_0001_BURST20210912122703931_COVER.JPG

マダイも次々と〜
潮が緩んで来てからのヒットでありました。